中小企業の採用活動に新提案いたします。ハローワークの求人票も一工夫するだけで応募者数も質も高くなることをご存知ですか? 採用・定着のことなら、東京都北区、赤羽駅・志茂駅近くのマオ社労士事務所にお任せください。特定社会保険労務士:秋山忠夫が御社を全力でサポートします。「TOKYO働き方改革宣言企業」「東京ライフ・ワーク認定企業」「くるみん認定」「ユースエール認定」「えるぼし認定」の申請代行はもちろん、取組のサポートもお任せ下さい。

マオ社労士事務所

〒115-0042 東京都北区志茂2-36-6 岩井ビル301
JR京浜東北線・埼京線赤羽駅より徒歩9分東京メトロ南北線志茂駅徒歩6分

03-3901-5021

受付時間

10:00~17:00(土日祝を除く)

お問合せはお気軽に

お問合せフォームはこちらへ

ワークライフバランスが業績を左右する

ワークライフバランスが業績を左右する

ライフワークバランスが業績を左右する

 時代とともに、人々の生き方は多様化しました。働く女性が増加し、高齢化が進んだことで、多くの人が仕事を抱えながら子育てや親の介護をしています。趣味や勉強の時間を大切にする人も増えています。こうした状況に合わせ、企業も進化しなければ競争力を失うことになりかねなません。

 優秀な人材を確保するためには、異なるライフスタイルの社員一人ひとりが仕事と生活を両立できる環境を整えることが重要です。仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス=WLB)の実現が、企業の競争力を左右する時代は、もうそこまで来ています。

WLBの取組は未来への投資

 企業の間でも、ワーク・ライフ・バランス(WLB)という考え方がようやく認知されてきましたが、一方で、厳しい経営状況に直面したことで、社員のWLB支援どころではない、といった声も聞かれます。

 しかし、業務改革や生産性向上の取り組みこそWLBの本質です。さらに、少子高齢化が急速に進み、優秀な人材の確保が困難になっていく日本の将来を考えても、WLBの推進は中長期的・持続的発展につながる「未来への投資」であり、好不況にかかわらず着実に進めていくべきものです。WLBの実現が、企業の競争力を高める結果につながると言っても過言ではありません。

 具体的には、次のような取り組みが必要となってきます。

○年次有給休暇の取得促進

 年次有給休暇の取得促進は、仕事の付加価値を高める結果にもつながる。社員が休日に自己研鑚したり、趣味でリフレッシュしたりして得た経験や知識を仕事に還元することが、活気に満ち、イノベーションの起こりやすい組織風土をつくり出すことにつながります。

○メリハリのある働き方の実現

WLB支援は、単なる時短ではありません。業務の見直しを進め、時間当たりの生産性の向上を図り、メリハリのある働き方に転換することが、仕事と生活の調和につながります。

○仕事と育児・介護の両立支援

 子育てや親の介護が必要な時期など、個人の置かれた状況に応じて多様で柔軟な働き方が選択できるような環境が求められています。多様なライフスタイルを受容する働きやすい環境づくりは、将来を担う人材の確保・育成・定着に不可欠です。 WLBの推進に大きな投資は不要です。競争力ある企業として成長を続けていくためにも、今こそWLB支援に着手すべきでしょう。

多様な生き方を認めることが大事

 【出典】仕事と生活の調和推進プロジェクト(厚生労働省)

【参考】ワーク・ライフ・バランスの定義

11月23日はWLBの日

 ワーク・ライフ・バランス推進のイメージ
 ~「ワーク・ライフ・バランス実践プログラム」(東京都)より~

■仕事と生活の充実、企業の成長、活力ある社会の発展へ

 ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事」と、子育てや介護、地域活動等の「仕事以外の生活」との調和がとれ、その両方が充実している状態をいいます。その実現のためには、これまでの働き方を見直すことや、時間の使い方などの自己管理を行うことがポイントになります。ワーク・ライフ・バランスが実現すれば、個人は、より充実した生活を送り、成長しながら働くことができ、企業は、社員の力を十分に引き出して、持続的に成長することができ、社会全体にも活力が生まれます。

 好不況を問わず、来るべき次の時代への備えとして、人材をいかし、育て、生産性の高い働き方に転換していく必要があります。。ワーク・ライフ・バランスの実践がそれを可能にします。

11月23日はWLBの日

■企業も社員も元気になる好循環のメカニズム

 ワーク・ライフ・バランスを推進すると、社員の働き方が変わり、仕事の質が高まり、企業にとっては業績向上に、社員にとってはプライベートの充実に、というように企業と社員に下のような好循環のメカニズムが生まれます。

11月23日はWLBの日

多様な働き方こそが、個人の生産性を向上させる
 ~内閣府仕事と生活の調和推進室発行メルマガ「カエル!ジャパン通信 Vol.78」より~

「多様な働き方」により、子育てや介護中の社員も重要な戦力となります

 「多様な働き方が、個人の生産性を向上させる理由」として寄稿された株式会社キャリア・マム代表取締役社長堤香苗さんのコラムから抜粋して紹介させていただきます。

  なぜ「多様な働き方」が、個人の生産性を向上させ、会社も地域も個人も三方良しになるのでしょうか。それは「選べる自由」という事が、どれだけ自分の成長に寄与するか、という事実があるからです。「他人から命令され、やらされている仕事」と「自ら選んで、取り組むことができた仕事」では、結果的にどちらがより高いパフォーマンスや独自性が発揮されるでしょうか。もちろん、後者です。

 そもそも、仕事というものは、とてもクリエイティブなものです。たとえどんな単純作業であっても改善の余地があります。自分なりの工夫をして、それが他人に認められると嬉しいものですし、やる気も出て、もっと良いものを提供したい、自分自身が成長したいと思うのです。

  以前の勤め先では一補助職であったキャリア・マムのスタッフが、子育てや介護中にもかかわらず、チーム型請負受託という在宅の働き方の中でしっかり成果が出せているという例が、これまでに数多くみられます。それは、自分が主体的に働き方や仕事を選べるからだと、現場スタッフの声を通じて実感しています。自分の得意な仕事と、家庭で担うべき役割を、それぞれの時間と場所の中で全うできるからこそ、個人の生産性も向上し、請負でも発注先の期待を超える仕事ができるのです。

株式会社キャリア・マム http://www.c-mam.co.jp

ROBINSに登録されています

☆マオ社労士事務所はROBINSに登録されています

ROBINSの確認者です

☆マオ社労士事務所はROBINS確認者として登録されています
サイバー法人台帳ROBINSは、企業の信頼できる情報のデータベースです。
ROBINSに掲載するためには、確認者による第三者確認が必要です。また、併せて経営労務診断サービスもオススメしております。詳細は、こちらから。

マオ社労士事務所はSRPⅡ認証を受けました。

  マオ社労士事務所は、「社会保険労務士個人情報保護事務所」として、社会保険労務士連合会より全国で72番目のSRPⅡ認証を受けました。
SRPⅡ認証は、社会保険労務士事務所のマイナンバー対策、個人情報の厳重な管理等、「信用・信頼」の証です。
有効期限;平成28年9月1日~平成31年8月31日

マイナンバーセミナーの出張講師いたします。

  マオ社労士事務所ではホワイト企業を応援します。ホワイト企業(ユースエール認定企業・くるみん認定企業・えるぼし2段階以上認定企業)の顧問料は30%割引(当事務所が認定支援・申請代行をした企業は50%割引)と優遇させていただきます。

認定支援のご相談・お見積りはこちらまで

サイドメニュー

女性の活躍を推進しています!

ニセ社労士にはご注意を!!

アクセス

03-3901-5021

住所

〒115-0042
東京都北区志茂2-36-6 
岩井ビル301

JR赤羽駅東口 徒歩9分
東京メトロ南北線
志茂駅 徒歩5分 
赤羽岩淵駅 徒歩8分
バス停 : 志茂2丁目バス停(都営バス王57)  徒歩1分
 赤羽東口から王子駅方面行